車 急発進 マニュアル

マニュアル

Add: erivexi1 - Date: 2020-11-22 18:27:44 - Views: 8297 - Clicks: 3513

Nレンジから慌ててDレンジに入れて急発進し、暴走するケースが指摘されているが、そもそもプリウスは通常のスタート時、モーターのパワーのみ使う。 現行50型プリウスは、98ps/14. See full list on car-sos. See full list on driverjapan. 洗車の効果は? バックでも、頭からでも、狭いところも!

さまざまなところで指摘されているのは、プリウスのシフト配置や操作方法に問題があるのではないかということ。まとめてみたので見てほしい。 車 急発進 マニュアル ●ネットで指摘されているプリウスのシフト操作方法 ■独特のシフト配置/PからR、N、Dにシフトする際にはブレーキ踏まないと変わらないが、NからR、Dにシフトする時はブレーキ踏まなくても変わる。駐車場の料金支払い時などで運転者の意志に反してNレンジ(エンジンの空ぶかしはない)に入り、アクセルを吹かし、その時メーター内のN表示を見て咄嗟にDレンジに入れると誤って急発進してしまうことになる ■見た目のレバー位置は同じ/どのレンジに入っているかはメーター内の表示で確認できるが、どのレンジに入っていてもレバーの位置は見た目は同じ。常に元の位置(ニュートラルポジション)に勝手に戻るので区別がつきにくい。しかもエンジンが停止しても無音だから気づかない ■紛らわしいBレンジの存在/山道などを走行する際にエンジンブレーキを効かせたい時に使用するBレンジ。一般的なAT車はDレンジから1段階シフトチェンジするだけで簡単に2レンジに入れることができるが、プリウスの場合は一度Pを経由しなければエンジンブレーキを効かせるBレンジに切り替えることができない。高齢者(RがHパターンの右下のMTに慣れた人は特に)であればバックと勘違いして後退をしたい時にRではなくてBレンジに入れてしまう可能性がある プリウスミサイルと呼ばれる理由の一つが、シフトレバーの操作方法だ。これは、さまざまサイトやYOUTUBEで危険性が指摘されている。 こうした指摘は本当に正しいのだろうか? 確かにメーター内にシフトポジションの表示があるとはいえ、Dレンジにシフトしてもニュートラルポジションにレバーだけ戻ってしまうのは高齢者には違和感があるかもしれない。視覚的な確認がし難く、自分ではDレンジにシフトしたつもりでも操作が曖昧でNレンジのままになってしまうケースもあり得る。 NレンジからDレンジにブレーキを踏まなくても変わる指摘だが、 そもそも国産車のATでNからD、Rにシフトする際にブレーキを踏む必要があるタイプはほぼなく、この指摘はプリウスに限った話ではないのだ。 プリウスはエンジンを掛けると、まずPレンジになり、Dレンジにダイレクトに入れる。ここからNレンジに入れるためには、レバーを. >> フロントガラスの凍結 スプレーや凍結防止シート ガラコの効果は? 運転する上でオートマばかりを運転していると、マニュアル車ってどんなものなのかを忘れてしまいます。 オートマ車との大きな違いは、ギアとクラッチがあることだと思います。 オートマ車の場合、このギアチェンジがオート(自動)で行われるため、自分で操作する必要がありませんが、マニュアル車の場合はクラッチとギア操作が必要になってきます。. ペダルの踏み間違いや、アクセルペダルの踏みすぎは運転者の方が意識を変えるだけでも防止ができます。 当たり前なことほど慎重に行いましょう。アクセルペダルはゆっくり優しく。 急発進そうな段差を上る時はあらかじめ足元のペダルを確認しておくこと。 さらに、後退時などは姿勢が変わりますので足元のペダルに対する意識を強く持ちましょう。 急発進防止装置などが付いている車も現在では多数販売しております。前車との車間距離をたもってくれるシステムや接近を音で知らせてくれるようなものも。今後車の購入を考えている方は安全面も考えて装置を選びましょう。 また、今現在乗っている車に安全装置を取り付けることもできます。 アクセルペダルを急に踏んだ時に車が飛び出さないようにコンピューター制御してくれる装置は今とても人気で品薄状態です。 安全第一でしっかり対策をしましょう。 今は、オートマチック車が主流の時代です。運転免許もオートマ限定が当たり前な時代だからこそ車の知識をしっかりつけて安全なカーライフを送りましょう。 駐車時は、サイドブレーキをかけることも忘れずに。パーキングギアに入っていても坂道の傾斜が急な場合は無人の車が勝手に動き出してしまう可能性もあります。 常に、安全対策に意識を向け未然に防げる事故を起こさないよう心がけるようにすることがベストです。. オートマチック車とマニュアル車の違いは足元の操作やギアの操作です。 アクセル・ブレーキ・クラッチとペダルが3個あるマニュアル車は、発進・停止の操作が難しくさらに低速を維持するのにもテクニックがいります。 それに比べ、オートマチック車はアクセルとブレーキの2個のペダルで発進・停止の操作がマニュアルに比べ簡単。さらに低速を維持するのもペダル一つでおこなえますのですごく便利な乗り物と言っても過言ではありません。 最近では、トラックなどでもオートマチック車がたくさん流通しておりますのでマニュアル車の免許がないと乗れない車はそれほど多くはありません。 運送トラックなどの大きな荷物を積むようなトラックは未だにマニュアル車も存在しますが小中クラスのトラックでは困ることも少ないでしょう。. 車 急発進 マニュアル See full list on kerolog. at車を発進や停車するときに、アクセルとブレーキを踏み間違えて急発進や急加速してしまい、建物に突っ込んだという事故のニュースをよく見ます。 アクセルを踏むだけでat車は動かせるので、一歩間違えばこのような事故に繋がってしまうのです。.

冬季の車の心配事についてはこちらもあわせてどうぞ。 >> 車のドアが凍結して開かない 閉まらない 窓も凍結 対処法は? . では、このようなオートマ車の事故を防ぐにはどうしたらいいでしょうか? オートマ車よりもMT車のほうが踏み間違いによる急加速が起きにくい原理をもう少し詳しく解説します。 オートマ車の場合、セレクターを「D」に入れっぱなしで完全停止してもエンストなど起こしません。エンストしないように機械が勝手に処理してくれる為です。すなわち、「アクセルを踏み加速する」場合でも正反対の「ブレーキを踏み停止する」場合でもセレクターは「D」のままでよく、言い換えれば加速と減速(停止)の「違い」がアクセルかブレーキかの違いしかなくセレクターが「D」に入っている(=エンジンとタイヤが動力的に繋がっている)状態は変わりません。従って停止しようとブレーキを踏んだつもりが間違ってアクセルを踏み込んでしまうと、急加速してしまいます。 一方、MT車の場合はギアをどこかに入れてクラッチを繋いだ(=クラッチペダルを放した)状態でエンジンとタイヤが動力的に繋がりアクセルを踏めば加速する訳ですが、その状態のままブレーキを踏み完全停止してしまうとエンスト(エンジンが止まる)してしまいます。何故ならオートマのような機械的な処理が無いので、エンジンとタイヤを繋ぎっ放しのまま完全停止(タイヤが停止)してしまうと、タイヤのほうがエンジンを止めてしまう訳です。両者は「繋がっている」訳ですから、一方は止まっているのに一方だけ回っていることは出来ない訳です。 エンストさせない為には、完全に停止する前にエンジンとタイヤを切り離してしまう必要があります。従って「クラッチを踏んで」両者を切り離すのです。 すなわち、完全停止する際にはブレーキとセットで必ず「クラッチも踏む」ことによりエンストしないように操作する訳です。従ってMT車に普通に慣れて乗っているドライバーと言うのは、完全停止する為にブレーキを踏み込む際には「無意識に」クラッチも同時に踏んでいる訳です。 以上のことから、完全停止しようとブレーキを踏むつもりが間違ってアクセルを踏み込んだところで、「無意識」にクラッチも同時に踏んでいますので(エンジンとタイヤが切り離されている)、空ぶかしになるだけで加速しない訳です。 なお、エンジンとタイヤを切り離す方法は「クラッチを踏む」他に「ギアをニュートラルに入れる」方法もありますが、「エンジンとタイヤが切り離されているので空ぶかしになるだけで加速しない」という原理は同じです。. ここで焦ってはいけません。 私が事故を起こしそうになったのは、じつはクリープ現象がまどろっこしくて、アクセルを踏んだためでした。 オートマ車の特性で、すぐに反応しなかったので、さらにペダルを踏み込んでしまったため、急加速したのです。 危うくブレーキに踏みかえて事なきを得ましたが、急ぐ気持ちを抑えることが大事だと肝に銘じた出来事でした。. s-drive 誤発進防止システム2とは? アクセルとブレーキの踏み間違いによる誤発進を回避し、安心・安全をサポートするアイテムです。低速時のアクセルペダル急踏みやベタ踏みの誤作動に対して、アクセルのセンサーを制御し、急発進を抑止します。. 1kgmの電気モーターだ。システム出力は30型が136ps、50型が122ps。 プリウスはNレンジだとエンジンがかからないので、NからDレンジに入れた直後の状態では72ps/16. 急発進抑制装置 (※1) (※1)マニュアル車は除く (※2)自動切替型前照灯、自動防眩型前照灯または配光可変型前照灯(ハイビームアシスト、アダプティブドライビングビームまたはステアリング連動ヘッドランプ)をいう.

最近の自動車事故の多発を反映して、クルマに後付け可能な急発進防止装置「ペダルの見張り番」の人気が高まっているそうです。※クルマに後付けの「急発進防止装置」注目集まる アクセル踏み間違い事故を防げるかh. もう十五年以上前の話ですが、当時の愛車のMT車で、免許を取ったばかりの人に練習の目的で運転させたことがありました。 普通の道は「何とか」普通に走っていたのですが、最後に広い駐車場に入って、邪魔にならない場所で前向き駐車しようとした際に、ブレーキと間違ってアクセルを盛大に踏み込んだことがありました。 MT車でしたのでそのドライバーは不慣れながらもクラッチも無意識に踏み込んでいたようで、空ぶかしだけで済みました。ちなみに塀が前に迫っていたのでそうなった瞬間に助手席から私がサイドブレーキを引いて停止しました。停止直後にそのドライバーは焦ってクラッチを戻してしまいその瞬間にエンストしました。 そのような経験もあり、MT車は踏み間違いによる急加速は起きにくいのではないか、と考えるようになった次第です。. よく映画なんかで「ブーン、ブーン」ってエンジンを沢山ふかして回転数を上げておいてギアをいきなりつなぎ、 急発進する場面があるのですが実際にMT車で急発進って可能ですか?

急発進じゃ無くて、思いっきり空ぶかし状態になって車は動かない状態とかですか? マニュアル車について全く分からないので詳しく知りたいです。 書込番号:21587972. 車 急発進 マニュアル マニュアル車の方が、ドライブテクニックのある人であれば、動力の伝達が効率的になり、燃費の向上にも繋がります。 その代わり運転が下手だとエンジンストップなどを起こす可能性があります。 クラッチの操作ミスなどを人力で行うために、操作が面倒だという人も少なくありません。 車の運転が好き、自分で車を自由に操作したい、という人にはマニュアルの方がメリットあると思います。. オートマ車で急発進・急加速するのは、キックダウンと呼ばれる現象が起こるからです。 キックダウンというのは、アクセルを一気に踏み込んだときに、自動的に低速のギアに切り替わることを言います。 トルクが弱いとしっかり加速できませんから、オートマ車では、アクセルペダルを一気に踏み込むことで、「運転者は急加速したがっている」と車が判断して、ギアを落として加速をサポートするんです。 この機能は便利ですよ。 長い上り坂でアクセルを踏んでいるのにスピードが落ちてきたら、一気にアクセルペダルを踏み込みます。 すると自動的にギアが低速ギアに変わって加速することができます。 また、高速道路でPAなどから本線に合流する際にも、アクセルペダルを踏み込むことでキックダウンを起こさせると、しっかり加速して合流することができます。 ところが、車庫入れや駐停車のときに、ブレーキと間違えてアクセルを踏み込んでしまうと、やはりキックダウンが起こって急発進・急加速してしまうのです。 これが、冒頭述べた事故の原因です。 あ、原因はキックダウンではなくて、あくまで「踏み間違え」ですよ。. >> 車幅感覚がつかめない! 車のmt(マニュアル)とat(オートマ)の違い グーマガジンは中古車情報など車業界の情報が盛りだくさん!. 暴走運転(急発進、前進のつもりがバックした、ブレーキを踏んだが止まらない)が無くならない。 面倒臭くて、大変だが、高齢者及び運転に不安がある人はマニュアル車にすべきでは?3ペダルだと足先に神経が行き渡り、ブレーキをかけたとき、エンストさせないためにすぐ隣のクラッチを. 正しい対処は? オートマチック車には、DやRに入れると自動で動き出す仕組みとなっております。それをクリープ現象といいこのクリープ現象により前進したり後退することができます。クリープ現象は時速8キロ前後の速度がでます。後退時などは、速度が出にくく設定してあるようです。エンジン始動時やエアコンの使用時などはエンジンの回転数が高くなりクリープ現象も強くなりますのでしっかりブレーキを利用することが必要です。 渋滞や狭い場所で、低速で走るときなどはブレーキ操作だけで低速を作ることができますのでマニュアル車よりも簡単と言えます。 しかし、そのクレープ現象により追突事故が起きてしまうこともあるので注意が必要です。 渋滞時、ブレーキを踏んでいた足が緩んでしまいますと停止状態を維持できず前進してしまい前車に追突してしまうことも。 高速道路の合流や長い上り坂などで速度を速めたい時ににアクセルペダルをいっぱいに踏み込むことで力強いギアにチェンジし急加速するキックダウン。 使うタイミングや場所が正しければ問題ありませんが、一般道や歩行者の多い場所で誤ってアクセルを踏みすぎた場合に思ってもいないタイミングで急加速してしまうこともあります。人間の体は緊張したり焦ったりするとこわばりますので急加速してしまった時に力が入りすぎてアクセルから足を離すことができないということも。.

急発進を抑制 します 技術の概要 目の前に障害物があるにもかかわらずアクセルペダルを強く踏み込んでしまった場合に、エンジンの出力を抑制して急発進を抑え、衝突のおそれがあることを音とメーター内の表示で警告するのが誤発進抑制機能です。. 6kgmのモーター出力のみ。 出足から太いトルクが発生するプリウスだが、同排気量のエンジン車(150ps/20kgmくらい)がNレンジのアクセル全開状態からDレンジに入れた場合はプリウスより速い。 ちなみに通常、プリウスはDレンジで発進すると、モーター起動時のトルクが最大となるため、約40km~50km/hまで太いトルクで加速する。その後エンジンが始動して60km/hを超えてからの加速は鈍くなる。 エンジン車に比べると静かでいつのまにかスピードが出ていることに気づきにくく、踏み間違えた場合に気がつくのが遅れてしまうことも指摘されている。 こうしてみていくと、そうした警告に気付かない、あるいは警告によって驚いてパニックに陥ってしまうことを考慮してクルマ作りをしなければいけないということだ。 もし誤操作しても警告が表示されるから気付くだろう、ブザーによって気付くだろうという常識が、高齢者ドライバーには通用しないこともあることをクルマを供給する側は意識しなければならないといえる。 つまり、問題はプリウスというクルマ単体にあるのではなく、高齢者の運転事情と、それに安全技術が追いついていないクルマ社会全体にある、ということだ。. mt(マニュアル)車のメリット・デメリット MT車のメリットは、「運転をしている」という実感にこそあります。 MT車は、クラッチ、アクセル、ブレーキ、ハンドル、ギヤチェンジと、両手両足を全て使うことからエンストなどの操作ミスに繋がる難しさは. 車が前進して行くので、半クラッチの状態から足を離して行く。 この方法でうまくいかない場合は、クラッチのタイミングがおかしい場合があります。 ここが一番最初につまづきやすいとされるところで、アクセルとクラッチのバランスが取れていないと、エンジンストップしてしまいます。 最近の車には、エコモードというのが搭載されていてい、こちらをONにすると発進操作がしやすくなります。. 急発進事故や暴走事故。加害者が運転するクルマがプリウスであることが多いです。そうなってしまう理由はなぜでしょうか。プリウスと事故に因果関係は? 解決策も探ります。.

長く停車する場合は、ギアはニュートラルに入れてブレーキだけを踏んでおくと楽です。 すぐに発進したい場合は、ギアを1番に入れてクラッチを踏んでおいても良いです。 どちらも車を停車するときの方法になりますが、運転の状況によって使い分けることが大切です。 オートマでも、長く停車しておく場合は、ギアをニュートラルに入れて待っておくことがあるかと思いますが、それと同じ感覚です。 すぐに動き出すのか、しばらく停車しておくのかを見極めながら操作しましょう。. マニュアル車はドライバー自身がクラッチとギアを操作しなければ発進をさせることはできません。 免許はマニュアルで取得したけど手順を忘れてしまった、または自動車教習所で練習中でコツを知りたい方のために、当記事ではマニュアル車. いかがでしたか? >マニュアル車と同じでバックギヤは1段しかないと思い込んでいました。 ホンダのサービスマニュアルには次のように説明されています。 「リバースEV走行では、1速ギヤを使用し、モータを逆回転させている。 お湯をかける? クラッチを踏んで1番のギアに入れる 2. アクセルペダルを戻す。 ブレーキペダルを踏む。 クラッチペダルを踏み、さらにブレーキペダルを踏む。. 軽自動車で急発進させてしまいましたか。 手を突っ込んでエンジンをかける・・・危険な行為ですが、私もよくやっていました。凍っている車を溶かすための暖機運転をやりたいときに、わざわざ乗り込むのは面倒くさいんですよね。. See full list on bestcarweb.

最近ではほとんどの車がオートマになってきていますが、仕事の都合上でマニュアル車を運転する機会が出来た、という場合もあるかと思います。 ただ、マニュアル車の運転は、自分で車を動かすという感覚がオートマよりもあって「楽しい」と感じる人も多いです。 久しぶりに運転する場合などは操作方法忘れていることも多いので、そんな方達の一つの参考になればと思います。. >> 車の窓が曇る原因と対策 冬と夏では違う? 「踏み間違えないように注意する」と言っても間違えるのが人間です。 車 急発進 マニュアル そこで、初心者の方には次のことをおすすめしたいと思います。 車庫入れ・駐停車のときは、次のようにしてください。 これって、まどろっこしいですよね。 でも、こうするとブレーキペダルとアクセルペダルを踏み間違えることはありません。 いったんシフトレバーを「P」にすることで、いやでも足はブレーキペダルの上に置かざるを得ないからです。 そして、クリープ現象では車は本当にゆっくりしか動きません。 注意! >> 車庫入れのコツはこれだけ! 年に入って、ネット上でプリウスミサイルというキーワードが見受けられるようになった。言うまでもなくこれは、トヨタプリウスに付けられた別称で、プリウスオーナーが頻繁に交通事故を起こすとSNS上でこんなタグを付けて拡散されている。 プリウスが危険なクルマというイメージが、この別称だけで伝わってくるが、こんな不名誉な別称が本当に相応しいクルマなのか、さまざまな角度から考えてみたい プリウスというクルマが、ペダル踏み間違い事故などの高齢者ドライバーによる暴走事故で最も多く報道されている車種だからというだけでなく、ある特有の現象からこうした別称が付けられてしまったようだ。 しかし単一車種としての事故率の高さで見れば、特にプリウスだから事故が多いというわけではない。 その証拠に自動車保険の型式別料率クラスは、高い部類ではないのだ。交通事故による保険金の支払いが多ければ型式別料率クラスは上昇し、保険料は全体的に高額になってしまう。 「プリウスは事故率が高い危険なクルマ」は本当か?【任意保険で検証】 しかし、別の見方をすると、事故件数は多いが登録台数が多いために事故率はそれほど高くないため料率への影響が少ないことも考えられる。 さらにオーナー層を考えると、やや危険な側面も見えてくる。それはプリウスオーナーの年齢層だ。特に先代30型プリウスまでは50代以上のドライバーが多い傾向にあったことは、プリウスの開発エンジニアも認めている話だ。 それは、エコカー減税により乗り換えが促進された際、以前ならマークXやクラウンを選んでいたオーナーが、もう子育ては終わったからボディの小さなクルマとしてプリウスを選ぶケースや、以前はカローラを乗り継いでいたオーナーが燃費でプリウスを選ぶというケースが多かったからだろう。 その50代以上のドライバーがそのまま2代目20型/3代目30型プリウスに乗り続けていれば、高齢者ドライバーのプリウス比率は高くなる。メカに詳しくないドライバーは、複雑なハイブリッド車の構造など理解できないから、5、6年も使用すればディーラーの営業マンに進められるまま新型プリウスに乗り換えるケースもあるだろう。 2代目20型/3代目30型プリウスに乗り続けるオーナーも、現行50型がプリウスのオーナーも高齢化が進む(もっともドライバー全体で高齢化が進んでいることも大きいが)こと.

マニュアル車の発進方法について、ご紹介します。 マニュアル車は、ギアをニュートラルに入れて、クラッチペダルを踏み込んでおかないとエンジンが始動しません。 エンジンが掛かったら以下の方法で発信させます。 1. それがマニュアルの注意書きにある 「アクセルペダルを踏んだまま、セレクトレバーを操作しないでください。車が急発進をして事故を起こすおそれがあります」 になるのだと思いました。. >> サイドブレーキが凍結! シフトレバーがp(オートマチック車)またはn以外にあると、車が急発進して思わぬ事故につながるおそれがあり危険です。 オートマチック車では、車が動き出すことによる事故を防ぐため、エンジン回転中は常にブレーキペダルを踏み、必要に応じて. 筆者自身は現行50型プリウスは乗り心地、ハンドリングともに格段に向上していながら燃費も向上させるなど、開発陣の努力が伺える素晴らしいクルマだと思っている。 販売台数の20台に1台はプリウスであることと、プリウス購入者の47%が60歳以上であること。さらに、プリウス以外の事故では車種への注目が低いことなどが重なり、プリウスミサイルと呼ばれているのではないか。 個人的には、このプリウスミサイルという報道は、高齢者への免許制度改正だけでなく、これからのクルマは高齢者が運転することをもっと意識して仕様を考える必要があると、考えさせられた。 さらに若く運転を楽しみたいドライバーのためには性能抑制の解除キーの操作を教えるなどの対策も含め、デフォルトでは高齢者の特性を考えた仕様にすることが大事ではないだろうか。. オートマ車は、その特性が分かると決して怖いものではなく、むしろ便利だということがお分かりいただけたのではないでしょうか? これが究極の練習方法? 操作が楽なオートマチック車ならではの、事故が多くニュースに上がってくることがあります。 段差を上ろうとした時にアクセルペダルを強く踏みすぎてしまったり、アクセルやブレーキを踏み間違えたことにより急発進してしまい暴走する車を制御できなくなってしまうことにより事故が発生します。 車 急発進 マニュアル 特に後ろ向きで車庫入れをしているときなどに、ペダルの踏み違いをしてしまう方も少なくないようです。 オートマチック車はマニュアル車と違い坂道でサイドブレーキを使った発進をしてる人はほとんどいません。 そのため、坂の途中で発進する時に後ろに引っ張る重力により下がらないように少し強めにアクセルを踏まなければならない瞬間もあります。 大きな車や、人がたくさん乗っているような重たい車はいつも以上に後ろに下がることも想定しましょう。 坂道で急発進してしまうことも考え前車との車間距離は平地よりも長めにとりましょう。.

オートマチック車では、アクセルペダルを踏み込んだまま操作しないように気を付けてください。 シフトレバーがpまたはn以外にあると、車が急発進して思わぬ事故につながるおそれがあり危険です。. 少し前に、一般的なニュース記事で「MT車であれば仮に停車時にブレーキと間違ってアクセルを踏んだところでクラッチも同時に踏んでいるはずだから空ぶかしになるだけで急発進しない」という主旨の記述が出てきたのを目にしました。 前々から私も思っていたことであり昔やっていたホームページ(既に閉鎖)にも記していたこともあるのですが、今まで同様の意見をあまり見たことが無かったので(見落としていただけかも知れませんが)、上記のような一般的なニュース記事で見かけて少し驚いたのでした。 と、「後出しじゃんけん」みたいな言い方になってしまったので、上記記事では触れられていない、もう少し突っ込んだ部分も以下に記します。. .

エンジンストールは、車重. オートマ車が主流の昨今、あえてマニュアル車を選ぶメリットは何でしょうか。マニュアル車を運転するメリットや運転方法、運転する上での. MT車のクラッチ操作の仕方を、なるべく分かりやすいように説明してみました。 クラッチの仕組みが全く分かっていないと、運転も上手くできません。 ・なんで半クラッチって必要なの? ・なんで止まるときにクラッチを踏むの? など.

車 急発進 マニュアル

email: yhydezy@gmail.com - phone:(455) 388-5597 x 6637

コムテック hdr-751g マニュアル - 人工呼吸療法における安全対策マニュアル 臨床工学会

-> Efel oil stove manual
-> 祇園祭 撮影マニュアル

車 急発進 マニュアル - マニュアル


Sitemap 1

Iiyama prolite e2473hs マニュアル - 夫婦関係改善マニュアル夫編 夫婦道がんばらない幸せ